しっかりとケアしよう

歯の矯正模型

歯の健康に必要となってくる取り組み

私たちにとって非常に大切な部分となる歯は、いつも手入れをしておき健やかな状態でいることが大切であります。 毎日きちんと磨くことが歯の健康へと繋がるわけですが、時々それを怠ってしまうことがあるのです。 そうしますと歯の裏側など歯ブラシの行き届かないところは、歯垢や歯石といったものがたまるようになるのです。 その結果、歯周病など歯の病気を起こすことに繋がっていくようになり治療の必要がでてくるのです。 歯周病はそのような歯の手入れを怠った結果、起きる病気でありますからいかに毎日の歯磨きが重要かということが言えます。 歯周病の主な症状は歯茎からの出血であったり、歯が浮いた感じがしたりぐらつきを覚えることになります。

歯周病対策をして自分の歯を守る

歯周病の治療として歯科では、歯茎の歯石をとっていくことをし歯を衛生的に保つようにします。 歯周病の原因として歯磨きがきちんと行われていないことが多いですので、歯科では患者さんたちに歯磨きの指導を行っているのです。 磨けているようで歯の隅々まで、ブラシが行き届いていないといったことが多くあることからその必要性があるのです。 歯科では口の中を清潔に保ち、歯周菌が増殖しないように行っていくことが大切となりますので歯磨きについては特に注意を促しています。 歯周病に気付きましたら歯科での早目の対策が必要であり、それを放置していますといずれ糖尿病などの内臓疾患を併発したり、自分の歯を失うことにもなりかねないのです。